サラ金への返済が滞ってしまうとどうなる

キャッシングサービスを利用していて、万が一返済が遅れてしまったら、どうなるのでしょう。
うっかりしていて返済日を1日でも過ぎてしまうと、即ブラックリスト入りしてしまうのかと不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、数日であれば、サラ金側も待ってくれることがあります。
返済日を過ぎても入金がない場合は、まずメールか郵送で返済日が過ぎている旨のお知らせが届くでしょう。
そこですぐ返済すれば、何も問題はありません。
しかし、返済したくても手元にお金がないという場合は、金融業者に連絡を取り、返済が可能な日時を伝えなくてはなりません。
無担保で保証人も必要ないキャッシングでは、信用が第一です。
できれば、返済が遅れそうだと分かった時点で、金融業者側に連絡を入れておきましょう。
もし、返済日を過ぎてもなんの連絡も入れず、返済が滞ったまま放置していると、遅延損害金というものが発生します。
これは、金利とは別に元本にプラスされる、言うなれば返済が遅れたことへのペナルティです。
利息制限法で定められた合法の損害金ですので、踏み倒すことはもちろん出来ません。
制限利率の1.46倍ですので、年率18%で融資を受けている場合は、26.28%もの金額を要求されることになります。
借金は、雪だるま式に増えてしまうでしょう。
それだけではなく、指定信用情報機関にも金融事故として登録されてしまい、新規に他社から融資を受けることはもちろん、ローンも組めなくなりますし、クレジットカードも作れなくなります。
この事故情報は、5年間は末梢されることはありません。
収支のバランスを熟考し、くれぐれも遅延しないようにしましょう。

キャッシングを利用してみたいと思っている方々は、とても多彩です。それは主にサラリーマンが利用する傾向があるのですが、そうではなく主婦や学生の方々としても、それを検討する場合があります。それで後者の学生は、金融会社選びが1つのポイントになるでしょう。まず結論を申し上げれば、学生でもキャッシングで借りる事は可能です。現に大学生の方々が消費者金融などで申込をして、借りているケースは多々あります。ただ学生となると、金融会社に大きく左右される一面があるでしょう。例えばアルバイト勤務が必要であるか否かです。ある会社の場合は、学生でも借りる事はできます。しかし何かの形で働いている事が前提になるのです。したがってご両親と同居していて、働いていない学生の場合は、その会社では少し難しくなります。ですが、たとえバイトをしていない学生でも借りれる会社も中にはあるのです。ですから会社次第と言えるでしょう。それと年齢に関する差もあります。基本的に多くの金融会社では20歳以上でないと難しいのですが、中には19歳以下の学生もいるでしょう。では19歳は難しいかと言われれば、そうでもないです。中には18歳以上でも問題無い会社もあるからです。こういった状況を踏まえると、やはり学生がキャッシングで借りるとなると、会社選びが重要と言えます。

電話占いヴェルニの口コミ